スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

DSの連射装置の作成

今回は、DSの連射装置の作成をします。
といっても部品がないので説明だけです。
部品がそろったら回路の作成をします。

連射速度を変更できる装置を作成したいと思います。
連射速度の変更は可変抵抗(半固定抵抗)でおこないます。
スイッチで速度切り替えできる方がいいかな・・・。


回路図は動作検証していないので動作しない可能性があります。
完成版が出るまで作成しないことをおすすめします。
ブレッドボードで作ったときは動いたので多分回路図は合っていると思います。





過去のゲームラボ(8月号かな)にも同じような回路図が載っていましたが、あの回路は連射速度の可変ができませんでした。
小型化してNDS内部に内蔵するためだと思われます。
今回作成した回路は速度の可変ができます
実験していないので動作しないかもしれまんせんが;;
とりあえず反転する部分はゲーラボと同じです。

タイマーICは定番の555です。
555ならCMOSでもどこの会社の物でも多分いいと思います。(保障はしません^^;;

内部に内蔵してもいいのですがそうすると速度を変更するための可変抵抗を外に出すのが大変なので今回は外部に取り付けできるようにします。

想像図^^;


まずDSの外部にABXY方向キーを引き出すために分解します。
ここの手順は省略します。
自分はこのように引き出しています。

上の改造でもう引き出してあったのでこのUSB端子を使用します。
方向キーを引き出してあったのですが↓キーが切れちゃったみたいです。配線しなおしました。
配線を引き出してUSBに繋げてます。



汚くてすみません^^;
ちなみにこれは、以前作成したDSを傾けてコントロールするために方向キーを引き出した時のものです。
ABXYは引き出していないので方向キーで連射を試してみたいと思います。
と言っても部品がないのでここまでしか書けませんが上の書いた回路を、引き出し端子にそのまま繋ぐだけです。


この記事を参考にして行った改造行為について私は一切の責任を負いません。
自己責任で行ってください。
[ 2009/07/30 18:43 ] DS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿

コメントを投稿する際の注意点
・アフィリエイトコメントは即消去してアクセス規制させて頂きます。
・「@」を含む文は投稿できません。
@は☆や○、「あっと」などに置き換えてください。
・誹謗中傷コメントは消去、悪質な場合にはアクセス規制させて頂きます。
・質問する際には、まず自分である程度調べてから質問してください。













管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

儚

Author:儚
PSPやDSのハードウエア改造関係の記事をちまちま書いています( ´∀`)ノ
誤字脱字は報告していただけるとウレシイです(^_^)

GNCT1年生。

最近ブログの更新が少ないですが生きてます。

所持物
PSP10002台,PSP20001台
DS DSi
ネットノートUL20A
自作PC(corei7860 GTS250)
iphone 3GS
ipod touch 2nd

所持マイコン
PIC各種 H8/3052 H8SX/1655
インタプリタ型所持マイコン
arduino 秋月PICBASIC

とりあえず書けるプログラム言語など
BASIC C C++.NET PHP HTML CSS javascript

やってみたい言語
java

twitterやってます。

よかったらフォローしてください。

ブログ内の記事を参考に行った改造について私は責任を負いません。
自己責任で行ってください。




ブラウザはFirefox3以上Opera10.0以上を推薦。
IE6以下はテンプレートが崩れる可能性があります。




スペシャルリンク
僕とPSPとPCの生活。

ユタスケブログ
のりんむらBLOG
相互リンクをしている中から激選してスペシャルリンクさせて頂きました。
最新コメント
メールフォーム
修理改造を希望される方はこちらのメールフォームより必要事項を記入した上で送信してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

コメント・トラバ・総記事数
コメント数:  トラバ数:  総記事数:
管理人のやる気


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。